スマホ おすすめ 2016

スマホのおすすめ-2016- 性能を軽視してはいけない理由

■スマホは持つことより、使えることが重要です

 

始めてスマホを持つとき、大半の人はスマホって何か
わかっていないと思います。

 

中学生・高校生なら、せいぜい「LINEがしたい」
くらいじゃないでしょうか。

 

その時、「とりあえずスマホならなんでもいい」
という思いでスマホを買うと大失敗します。

 

どんな失敗かというと、こんなことになってしまいます。

 

 アプリをいくつか使っていると、イライラするくらい動作が遅くなる
 アプリを何個かインストールしたら、もう容量がいっぱいになった
 月の途中まで高速だったが、後半はネットのスピードが超低速になった

 

どうしてこういうことになるかというと、

 

 スマホ選びに失敗し、性能がかなり低いものになっている
 スマホのデータ容量の選択に失敗し、容量を超えたために超低速になっている

 

ということが原因です。
そうならないためにはどうすれば良いでしょうか?

 

 

 

 

■たくさんのスマホの中からあなたの使い方に合った1台を探す

 

今は格安スマホも含め、本当にたくさんのスマホがあります。
ドコモやauなど大手の携帯電話会社のものもあれば、
IIJ、ニフティ、ビッグローブなど老舗のプロバイダのものもあります。

 

フリービットモバイルやDMMモバイルなどのように
新規に格安スマホに参入した会社もあります。

 

本当にたくさんの格安スマホを提供する会社があります。
今でも安いことだけがウリの、できの悪いスマホがあります。
こういうスマホはとにかく選んではいけません。

 

性能が悪くいスマホは、使っていてイライラするだけです。
最初の頃は、格安スマホはできの悪いスマホばかりでしたが、
最近は大幅に状況が変わっています。

 

格安スマホの中に安くても本当に使えるスマホがたくさんあります。
ドコモやauなど大手のスマホに負けないどころか、
大手のスマホよりも良いものが多いのです。

 

実は、大手の携帯電話会社から発売されるスマホは、
その会社の仕様になっていのです。

 

そのため、余計な機能が付いて動作が遅くなっていることがあります。
それに比べると、素のままのスマホの方がよほど動作が
キビキビしているのが現実です。

 

また、大手の携帯電話会社のスマホにはあらかじめ
その携帯電話会社要のアプリがたくさん搭載されていて、
その分記憶容量が少なくなっています。

 

それに比べると格安スマホは無駄がありません。
そういう差があります。

 

 

■中学生・高校生に必要なスマホとは?

 

高校生はスどんなスマホを選べば良いでしょうか?
選ぶポイントは次の3点です。

 

 ○アプリがきびきび動くスマホを選ぶ
 ○アプリをたくさん試せるだけの記憶容量のあるスマホを選ぶ
 ○月に使用できるデータ通信量が自分の使い方に合っているスマホ(契約)を選ぶ

 

そのためにはどうしたらよいか、解説してきましょう

 

月額1,000円~使える高性能スマホの解説は、下記の記事をご覧ください。
「中学生にスマホを安く持たせるなら、安心^3のトーンモバイル」
をご覧ください。

 

お子さまにスマホを持たせるときに気をつけたいことは、下記の記事をご覧ください。
「子どものスマホへの条件 最初に制約を約束することが重要」
をご覧ください。

 

高いお金を払っても、安く済ませても、スマホはスマホ、コツを抑えれば、高性能なスマホが月額1,000円からだって持てます。
月額1,000円から使えるスマホならトーンモバイル

①LINEポイントプレゼント。5,000ポイントあればスタンプもたくさん買えるしLINEを目一杯楽しめます。②3ヶ月間1,390円引き
月額料金が安く今ならさらにお得なLINEモバイル