子供 スマホ いつから

子供にスマホはいつから?安全を守って早めに持たせていい理由

■ お子さんにスマホは持たせる?持たせない?

 

このサイトに訪れていただいているということは、
お子さんにスマホを持たせるか悩んでいる親御さんか、

 

もしくはどのスマホを選んだらいいか困っている親御さん
ではないかと思います。

 

お子さんにスマホを持たせていいのか、
という悩みに対しては

 

「持たせてあげた方がいい」
と管理人は考えています。

 

スマホを単にLINEをしたりゲームをする道具と考えると、
夜遅くまでLINEしたりゲームしたりして、
いいことがない、と考えたくもなります。

 

わが家にも年頃の子どもが二人いますので、
悩ましいことではあります。

 

一日スマホを見てますし…(汗)

 

管理人は割と早くから、iPadを使わせたり、
スマホを持たせたりしています。

 

その最大の理由は、これからの時代にスマホを使うのは
もはや当たり前になると考えているからです。

 

スマホの使い方一つで、日々の仕事を楽にしたり、
生活を便利にできます。

 

仕事を見つけることだってできますし、
上手に使いこなせば人生を豊かにしてくれる
ツールすらなり得るのです。

 

スマホを使えるか使えないか、
ということは今後の人生においても
とても大事なことなのです。

 

スマホの便利なサービスで起業したなんて例は、
世の中にたくさんあるのです。

 

起業すればいいというわけではないですが、
スマホを入り口にして世界を広げることで、
人生の可能性も広がるということです。

 

ちょっと大げさな話になりましたが、
スマホは単に、LINEやスマホゲームを何歳から
させるかという観点ではなく

 

もっと子どもたちの将来も考えて判断して
行くことも大事かなと思ってます。

 

だから、管理人は子どもにスマホを早く
持たせてあげていいと思っています。

 

大事なことは、スマホへの向き合い方や、
スマホの危険性をちゃんと教えてあげて、
上手に使っていくことなのです。

 

■ 格安スマホとは?格安スマホメリット・デメリット

 

では、お子さんにスマホを持たせるとき、
どんな点に注意したいでしょうか?

 

多くの人は、料金に目が行くと思います。
料金はスマホを持つ上で最も話題にされていますね。

 

総務省が携帯電話会社の大手3社に値下げ要求を
出していたことをご存じの方も多いと思います。

 

そのくらいスマホの料金は高い!というのが
常識です。

 

これはやむを得ない一面はあります。
スマホはデータ通信が主で、これまでの携帯電話のように
電話をすることは主ではありません。

 

データ通信は、スピード競争になっており、
高速化のための開発や設備の増強が欠かせません。

 

だから、大手の携帯電話会社は莫大なお金を
投資して通信環境の整備をしているのです。

 

それに日本の各地にたくさんの店舗を構えて
利用者が窓口で携帯電話の説明を受けながら、
加入できるようにもしています。

 

だから、大手の携帯電話が高いのは
やむを得ない一面があるのです。

 

反対に、そういった設備投資をせず
店舗を構えないことで安くしているのが
格安スマホなのです。

 

大手の携帯電話会社から回線を借りて、
安く回線の提供をしているのです。

 

■ 格安スマホは質の時代に突入、安さだけではない

 

格安スマホが登場した頃は、安さは正義のように
思われた時期もあります。

 

安かろう悪かろうの格安スマホが存在したのも
事実ですし、それによってスマホは使えないと
思った人も多かったのと思います。

 

でも、それはもう数年前の話です。
今はそんなことはありません。

 

性能の高いスマホが結構安い値段で
使えるようになってきたのです。

 

格安スマホが徐々に市民権を得て、
一般的に利用されるようになってきたのです。

 

そうなってくると、今度はサービスで
差を付けるようになってきました。

 

スマホの種類は実質2つしかありません。
アップル製かそれ以外となります。

 

それ以外が結構たくさんあるのですが、
中身はアンドロイドで同じです。

 

提供している機能や性能、価格、
サービスの内容も多種多彩です。

 

スマホって、電話してネットして、それだけです。
それだけですが、実際には

 

・通信スピードが速いか遅いか
・使いはじめが簡単かどうか
・故障やトラブル時に対応はちゃんとしているか?
・家族で使うとお得か?
・子どもでも安全に使えるか?
・ポイントカードとの連携があるか?
・スマホケースや液晶保護シートは充実しているか?
・長く使っても安いか?

 

などなど、スマホを使っていると
いろいろな観点でサービスの善し悪しが
気になることが出てくるのです。

 

その中でも、お子さんにスマホを持たせようとした場合、
小戸がが使っても大丈夫か?料金は安いのか?
という点がとても大事な要素になります。

 

■ お子さんに持たせるときに重視すること

 

お子さんに持たせるとどんな問題が
あるのでしょうか?

 

それは、ネットの向こう側にいる
大人にだまされてしまいやすいことです。

 

子どもたちはまだ社会に慣れていません。
慣れていないけれども、スマホを持つことで
割と簡単に社会と接点が持てます。

 

社会との接点とは何かといえば、
SNSと呼ばれるもので、Twitterや
Facebookなど

 

一般に広く発言が発散されてしまう
サービスを利用してできます。

 

LINEはTwitterやFacebookより、知っている
友達などもっと限定的な範囲になりますが、
SNSに分類されます。

 

こういうサービスを通して、まったく見ず知らずの人と
チャットで会話をすることができますし、
会おうと思えば会うことだってできます。

 

あるいは、検索をしてその横にあった興味のある
誘い文句にちょっとクリックしたら、
アダルトサイトに迷い込むこともあります。

 

そういうのも大人たちが仕掛けている
ワナでもあります。

 

こういうところを上手に避けていかないと
いけませんが、子どもはまだ難しいので、
「防御」してあげることが必要になります。

 

「そんなに危険ならスマホは持たせない!」
という考え方もあるでしょうが、

 

これからの世の中そんな考えでいつまでも
お子さんをスマホから遠ざけておくことなど
できないのです。

 

なぜかというと、このページの最初に
書きましたように、もうこれからの時代に
スマホは必須になってきているからです。

 

お子さんにスマホを制限するよりも、
安全を確保しつつ、スマホ時代を
スイスイ泳いでいってもらえるようにした方が、

 

子どもたちの将来のためには有用ではないでしょうか。
そんな風に管理人は考えています。

 

■ スマホの選び方 〜小中学生編〜

 

このように、これからはスマホは必要、
でも安全なスマホをお子さんに渡したい、
そんなことが実現できるスマホが必要です。

 

特に、小学生や中学生のお子さんに
スマホを持たせるのであれば、
安全面のことをしっかり考えてあげないとダメです。

 

これは親の義務と言ってもいいでしょう。
そんなことできるんでしょうか?

 

以前はできませんでしたけど、
今は便利なアプリも開発されて
できるようになってきました。

 

まだまだ少ないですけど、
スマホをお子さんに持たせたときの
心配を解消してくれるスマホがあります。

 

現在唯一と言ってもいいのが、ツタヤが提供する
トーンモバイルなのです。

 

スマホを使いすぎないように親が時間を決めたり、
使えるアプリを制限したりできます。

 

アダルトサイトなど有害なサイトに行かないように
ガードする機能もありますし、歩きスマホを
検知してその間スマホを使えないようにもできます。

 

見守り機能もありますから、今どこにいるのかが
親御さんのスマホから簡単にわかります。

 

わからないことがあっても、スマホが入っていた
箱に置くだけで診断したり、

 

どうしようもないときは
遠隔から自分のスマホを操作して
問題を解決してくれるのです。

 

近くにツタヤの店舗があれば、お店でサポートを
受けたり、スマホ教室にも参加できます。

 

と至れり尽くせりなのです。

 

詳しくは、こちらの解説を参考にしてください。

 

 

■ スマホの選び方 〜高校生・大学生編〜

 

ただ、高校生になってくると、
それを親が監視することで防ぐのではなく、

 

本人に自覚させて、安全に使う方法を
自ら学ぶことが必要です。

 

そうすると、トーンモバイルのように親が
子どもスマホ利用を制限する方法は
必ずしも有効とは言えません。

 

もう自立したい年頃です。
大事なところは抑えつつ、
本人に任せることも必要になります。

 

このとき、どんなスマホを選ぶかですが、
料金やスマホの性能が選択の基準に
なってきます。

 

値段勝負になると格安スマホは途端に
選択が難しくなります。

 

それはどこにも違いが感じられないから、
同じように見えてしまうのです。

 

まずは、データ通信量と料金、
これをしっかり比較しましょう。

 

そしてもう一つ大事なのが通信速度です。

 

通信速度は測る条件によって一定しないため、
なかなか一定の判断を出すことが難しいです。

 

そのため携帯電話会社も公表ができないのです。

 

ある一定の条件で計って高速でも、
実際に使ってみる条件によっては
思ったほどスピードが出ないこともあります。

 

そして、通信速度は生き物でもあります。
使う人が多ければ低速になりますし、
使う人が少なければ高速になります。

 

朝晩のラッシュ時期や週末にネットが遅いのは、
使う人が多いからに他なりません。

 

ある時期は通信が早かったけれど、
加入者が増えてきて遅くなるということも
起こりうるのです。

 

通信スピードは大事ですけれど、
そのような生き物で、常に変わるものだと
心得ておきましょう。

 

その携帯電話会社の傾向として、速い、遅い、
そういう理解にとどめることが必要でしょう。

 

①LINEポイントプレゼント。5,000ポイントあればスタンプもたくさん買えるしLINEを目一杯楽しめます。②3ヶ月間1,390円引き
月額料金が安く今ならさらにお得なLINEモバイル